よこやま珈琲

自慢のコーヒーは焙煎した日のコーヒー豆のみ販売!
だから超新鮮!

よこやま珈琲は、京都・宇治の地で1986年11月27日に創業して以来、
を迎えました。
コーヒー豆販売はもちろんのこと、店内で喫茶を楽しんで頂くことも出来ます。

美味しいコーヒーの命は素材と新鮮さ。
どんな技術を持っていても、素材以上の風味は出ない。
ここはしつこく吟味します。

新鮮さは、焙煎してから何日経過しているか?で決まります。
よこやま珈琲は、あなたが必要な時にあなたの必要な分しか焙煎しません。
お店へのアクセス

インターネットサイト コーヒーボックス 様で「京都府ランキング1位」になりました!
(スマートフォンからご覧頂くことでスマートフォン向けサイトが表示されます)

ブレンド『エイジング&テイスティ』(フレンチロースト=深煎り) コーヒー豆 まろやかさが濃縮された味わい深い触感と熟度を感じる甘み

原点である倶楽部ブレンド=深煎り=濃い口当たりながら不快な苦みを
感じない、まろやかなコーヒーを、さらにもう一度追求してみようと試み、
出来上がったコーヒーです。

もちろん深煎りですので、濃さを感じる方もあるでしょうが、
煎り過ぎて焦げたような匂いは出さず、香ばしい香りに、とろみのある
濃厚なコクと甘みが出せるような焙煎と配合で仕上げています。
コロンビア ナリーニョ サマニエゴ(ハイロースト=中浅煎り) コーヒー豆 南部ナリーニョ県の貴重なマイクロ・ロット
ピーチやマンゴーのトロピカルなフレグランス、飲み口は紅茶のよう


フレッシュフルーツのような芳香で、飲み口は紅茶のような上品な口当たりが特徴的。
昔よく言われたコロンビアンマイルドと言える味わいです。グッと1杯!というよりは、
知らない間におかわりをしてしまう滑らかな味わいといえるでしょう。

南部・北部・中部、地域によって風味の特徴が異なるコロンビアで、ナリーニョ県の風味は、
コーヒーの基礎の風味として一度は飲んでいただきたいエリアのひとつです。
コスタリカ ハニープロセス(深炒り・フレンチロースト) コーヒー豆 特上産地タラス特別精製ハニーコーヒー仕立て
なめらかなボディ(とろみ)のある舌触りと 甘酸っぱい香しさ


特別ハニー精製とは・・
アメリカンチェリーを頭に思い浮かべてください。固い外皮だけ剥いで
果肉を残したままの状態で乾燥してコーヒー豆になります。
想像して下さい。チェリーの果肉の香りや甘みが直接豆(種)に
移りやすいですよね?舌の上を柔らかくとろりと流れるボディ(コク=粘性)と、
甘いフルーティな香しさとなるわけです。

一度は口にしてもらいたいコーヒーですので、お早めに!
ご注文をお待ちしております!!
エチオピア イルガチェフェ グレード1(フルシティロースト=中深煎り) コーヒー豆 高級ロットのみを購入しさらに選別してG1レベルに仕上げたコーヒー
とろみのあるコクは流れると言うよりも絡みながらとろっ~と舌に薄い粘膜がかかったよう


フルーティな華やかさとフローラルな余韻、さらに中深炒りは何と言っても口当たりのボディ(コク)。
舌を流れると言うよりも、舌に絡みながらとろ~と喉に運ぶ感じ。舌に薄い粘膜がかかったような感じが特長です。

イルガチェフェコーヒーは、当店ではタンザニア「オルディアニ」や パプアニューギニア「シグリ」 と並んで固定ファンのあるコーヒーで、イルガチェフェしか飲まないという方もいらっしゃいます。
飲んだことがないという方にも一度は試していただきたい秀逸なコーヒーです。

週刊あさすぽで紹介されました!