よこやま珈琲

自慢のコーヒーは焙煎した日のコーヒー豆のみ販売!
だから超新鮮!

よこやま珈琲は、京都・宇治の地で1986年11月27日に創業して以来、
を迎えました。
コーヒー豆販売はもちろんのこと、店内で喫茶を楽しんで頂くことも出来ます。

美味しいコーヒーの命は素材と新鮮さ。
どんな技術を持っていても、素材以上の風味は出ない。
ここはしつこく吟味します。

新鮮さは、焙煎してから何日経過しているか?で決まります。
よこやま珈琲は、あなたが必要な時にあなたの必要な分しか焙煎しません。
お店へのアクセス

インターネットサイト コーヒーボックス 様で「京都府ランキング1位」になりました!
(スマートフォンからご覧頂くことでスマートフォン向けサイトが表示されます)

30周年記念ブレンド『深煎りの真髄』(イタリアンロースト・極深煎り) コーヒー豆 甘みとほろ苦さが同居する濃厚ながらまろやかな感触

11/27で30年を迎えました。そこで・・原点である倶楽部ブレンド=深煎り=
濃いめの口当たりながらイヤな苦みを感じない まろやかで甘みのあるコーヒー。
をもう一度追求してみようと・・。それも一番の深煎りであるイタリアンローストで。

もちろん一番の深煎りですので ほろ苦さはあります。
ただ、煎り過ぎて焦げたような匂いは出さず、
香ばしい香りに とろみのある濃厚なコクと甘みが出せるような配合と焙煎で仕上げています。

12/25までの販売ですので、忘れないうちに1度は飲んでいただきたいですね。
『数量限定』コスタリカ パルプトナチュラル ハニー(深炒り・フレンチロースト) コーヒー豆 特別精製ハニーコーヒー仕立て
フローラルでフルーティ、シルキーな後口


今回のコーヒーは、当マイクロミル共同経営の中の一農園、
エルバポル農園にスポットをあて、
パルプトナチュラル精製(自然乾燥)したコーヒーです。
ウォッシュドやナチュラル精製とはまた違った独特の甘さと
フルーティなフレーバーが特徴の味わいに仕上がりました。
年間わずか数百キロ(10袋程度)のみ精製された貴重なコーヒーです。

このコーヒーは数量限定商品ですので無くなり次第、販売終了となります。
この地区のコーヒーは中々ありません本当に。
無くなる前に早く味わってください。
コロンビア ナリーニョ サマニエゴ(深炒り・フレンチロースト) コーヒー豆 南部ナリーニョ県の貴重なマイクロ・ロット
飲みたい心を誘うトロピカルなフレグランスと後味のキレイな甘み


数年来、多種類のコロンビアコーヒーを試してきました。
多くは北部ブカラマンガのものでしたが、
今回はナリーニョ県より小農家のコーヒーを販売します。

挽く前の豆の段階から飲みたい心を誘う香りが漂う。
フルーティーな香りが素晴らしく
深炒りでも甘みや酸がキレイな形で残っています。
ショコラブレンド(中深炒り・フルシティロースト) コーヒー豆 ミルクチョコやマンダリンオレンジを思わせるコクと甘みのフレーバー

ミルクチョコとマンダリンオレンジを感じるアロマが温度が下がるにつれ余計に感じる。
熱いうちに飲みきるよりもゆっくり時間をかけて楽しみたい。

チョコレートを口に含みながら、かじりながらでも合う、
まったりと仕上げたブレンドです。
心地よいほろ苦さと、とろみを感じる柔らかい甘味を感じていただけるでしょう。
そして1口目の濃厚なコクのある口当たりからは想像できない、
後口の滑らかな触感も魅力的です。

チョコレート以外のお菓子でも合いますよ。3時のおやつと一緒にどうぞ。
グアテマラ ラ ホヤ カトゥーラ(深炒り・フレンチロースト) コーヒー豆 スペイン語で「宝石」と名の付く優良農園
洋酒のような熟成感ある香りと柔らかなコク


洋酒のような熟度を感じる香り、
後口にはクリーンで柔らかいコクを感じられます。

良質のグァテマラのコーヒーはストレートでもブレンドでも重要な位置を占めます。
特にアンティグア産はトップレベルです。ハイロースト共々、ぜひご賞味ください。
インドネシア マンデリン リントン ニ・フタ(深炒り・フレンチロースト) コーヒー豆 栽培エリア・精選方法に特化した特別仕様
しっかりしたコクの中で甘みもあり バランスが非常にきれいな風味


リントンニフタ特有の甘味、コクがしっかり表現されています。
シナモンを筆頭とする複雑でスパイシーな香り。
深炒りながらイヤな苦みのないクリーンな口当たり。
素材とロースト(焙煎)が上手く融合すると、よくある焦げ臭さは出ません。

深くローストするだけなら誰でもできますが
焦げ臭さが出やすいリスクがあります。
濃厚な口当たりながら、柔らかさや滑らかさ(コク)も表現させるのは
ロースター(焙煎士)の腕の見せ所です。

週刊あさすぽで紹介されました!