カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

コスタリカ ハニープロセス(フレンチロースト=深煎り) 200g

特上産地タラス特別精製ハニーコーヒー仕立て
なめらかなボディ(とろみ)のある舌触りと 甘酸っぱい香しさ

コスタリカ上級コーヒー生産地のタラス・サンタマリアデドータ地区にある、
スペシャルティコーヒー専用の精製場で作られました。スペシャルティコーヒーに
力を入れる各農園が共同で経営している精製場で、一般にマイクロミルと呼ばれています。
規模は小さいですが、農園から近く、きめ細かな水洗処理や選別、乾燥が行われることで、
土壌や気候が育むことで生まれるコーヒーの特徴的な風味(テロワール)が発揮される
スペシャルティコーヒーが生産されています。

特別ハニー精製とは・・アメリカンチェリーを頭に思い浮かべてください。
固い外皮だけ剥いで果肉を残したままの状態で乾燥してコーヒー豆になります。
想像して下さい。チェリーの果肉の香りや甘みが直接豆(種)に移りやすいですよね?
舌の上を柔らかく とろりと流れるボディ(コク=粘性)と、甘いフルーティな香しさとなるわけです。

ただし、この精製の難しい所は、果肉ごと乾燥するので、
果肉が発酵した場合、コーヒー豆にも発酵臭がついてしまうということです。
ですから丁寧に丁寧に撹拌し、均一に乾燥させるという細かい作業が必要となります。
その工程を手を抜かずやり遂げたからこその上級な風味です。

他地区とのブレンド品は多数ありますが、上級産地タラス地区単独のコーヒーは中々ありません。

コスタリカ ハニープロセス(フレンチロースト=深煎り) 200g

価格:

1,710円 (税込 1,846円)

[ポイント還元 92ポイント〜]
豆or粉:
小分け袋(ナイロン製)を希望の方は枚数をご記入下さい:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

<コーヒーマイスター・ローストマスター横山豪のちょっと一言>
コスタリカコーヒーの産地は主要7地区もあるのに、どうしてもタラス産を選んでしまいます。
当たり前の話ですが、ひと口目と飲み終えるあたりでは温度が違います。
その冷めてきたときや最後のふた口ぐらい、(液体の濁りがない)キレイさを感じられ、
丸みを感じるボディ(コク=粘質=まったり感)も感じられます。
いつの間にか飲んでしまったというよりも「あぁ〜美味しかった」と余韻に浸れる。
この感触がタラス産を選んでしまうのでしょうね。

生産地域タラス・サンタマリアデドータ
農園名エルバポル
精製パルプトナチュラル
品種ティピカ・カトゥアイ・カトゥーラ
標高1,800m

ページトップへ