カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

店長の声8/11

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part56』
2017年8月11日


『カーボヴェルデ フォゴコーヒースピリット ウオッシュ(ミディアムロースト=極浅煎り)』

パインのような甘みと酸。コクがほど良い。

アフリカ西海岸から約600kmの沖合いの大西洋にうかぶカーボベルデ諸島。
約10の島々で構成されるこの国の中、島ひとつが丸々火山であるフォゴ島とよばれる島があります。
実はこの島では、300年以上も前に旧宗主国のポルトガルから持ち込まれたコーヒーが
ひっそり栽培されておりましたが、あまりの少量の生産とその地理による輸送の難しさから、
商業的な栽培にはいたらず、これまではずっと人目に触れてきませんでしたが、やっとの事で商業ベースに。
100g 5000円ですが・・・。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『ブレンドとストレート、どっちがオススメ??』
2017年8月3日

よく聞かれる質問です。「どっちも美味しい。」と言いたいところですが、
どちらかと問われれば『ブレンド』をオススメします。

配合割合で思いもよらない未知の風味を作り出し、
複雑で奥行き感のある風味を表現させやすいからです。

「それならばナゼ?たくさんのストレートがあるの??」

私見ですが、美味しいブレンドを作るための布石と考えています。
様々な高品質ストレートを揃えておかなければ、
どんな配合技術をもっていても、ごまかし(ただ混ぜる)に過ぎません。

プロフィール(栽培地区や品種・精製方法)が明確で高品質なストレートですから、
そのままでも十分美味しくいただけますが、その素材を生かし
「より以上に!もっと美味しく!!」の欲望が想像しえない風味を作り出す。
それがブレンドと考えています。

2000年以前のブレンドは
コロンビア・ブラジル等の国名しか分からず、プロフィールが不明確なコーヒーを混載した、
扱う側でさえも入荷するまで品質が分からない欠点の多いストレートで、
それぞれの欠点を補いバランスをとるためにブレンド

2000年以降のブレンドは
プロフィールが明確で美味しく、それぞれのストレートの長所を活かしながら、
プラスそれ以上の複雑な香りや奥行きのある風味を作るためにブレンド

追伸1
ストレートを数種類購入してブレンドを作ってみてください。配合率を変えて3つマイブレンドを作り、
その中でもし「おぉ〜旨い!」というものが出来れば、あなたにはかなりセンスがあります。

追伸2
美味しいブレンドを作るためのヒント!
3〜5種類の配合がバランス良く仕上がりやすい。
2種類は、よほど上手く選ばないと、どちらかの風味が勝ちすぎる場合アリ。
6種類以上は、まとまりにくく風味にバラつきが出やすい。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part55』

2017年7月8日


『ブラジル ダテーラ スウィートイエロー(フルシティロースト=中深煎り)』

クリームのようなまろやかな香りがある。後口に軽めのコクがあり心地よい。
前回のテイスティングに比べて風味全体が増している。
何年やっていようと、良くも悪くも農作物の変化は難しいですね。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『知らないより知っていた方がトクな話』
2017年6月30日

そこそこの技術が必要なペーパードリップに比べ、
「簡易で美味しいコーヒーが飲みたい」と最近増えてきたプレス式コーヒーの淹れかたを・・

ご存知ではない方に、まずはプレス式とは?紅茶なら見た事があると思います。
お店で紅茶を注文した時「紅茶の葉とお湯が入ったガラス容器」と「砂時計」が用意され
「砂時計が落ちたらバーを下ろしてカップに注いで下さい」というアレです。

それでは淹れ方いきます(3杯の場合)
|翦圓〜中粗挽きにした粉を30gを容器に入れます。
 (雑味が出ないように高品質なコーヒーがベストです)

△湯を400cc注ぎます。
 (粉が膨れてお湯が入りきらない場合は、スプーン等でかき混ぜてから、お湯を注ぎきって下さい)

そのまま3分〜4分待つ。
 (3分なら柔らかい口当たり、4分ならしっかりした口当たり。自分好みの濃淡に合わせて下さい)

ぅ弌爾魏爾蹐靴謄ップに注ぐ。

この器具で淹れたコーヒーの良い特徴は、ペーパー等を使用しない金属フィルターですので、
コーヒーの油脂成分が吸着されずコクのあるコーヒーが味わえる。という事が一番です。

弱点は、低品質コーヒーを使用するとペーパー等の補助がない分、
アラ(風味の濁りや嫌な酸・苦味)が出やすいのと、
ペーパー等使用しないので、微粉がどうしても出ることです。

追伸 ペーパー等がないため、コーヒーの油脂成分が容器に付着します。
    器具をいつも以上に十分にすすいでください。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『少しの変化で気付きが生まれる。試して損なし』
2017年6月15日

たまにはカップを変えて楽しみましょう!
デザインの事ではないです。カップの「口」の部分の大きさです。

いつも普通のカップの人はマグカップやティーカップ。
マグカップの人は口の細いカップに変えてみましょう!

いつも普通のカップの人がマグやティーカップに変えると、より香りが増します。
いつもマグの人が口の細いカップに変えると、コクが増します。

それというのも・・

普通のカップよりマグやティーは口が広く、その分だけ香りの放出量が多くなり、
カップを口に近付けた時に鼻が感じる香りがいつもより多くなるという簡単な現象です。

逆にマグの人が口の細いカップに変えると、口にコーヒーを入れた時、
口の中で液が横に分散しにくく、コクを感じる舌の奥に通りやすくなるのでコクを感じやすくなる。

という事デス。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part54』
2017年6月8日


『ボリビア コパカバーナ農園(ハイロースト=中浅煎り)』

細挽きにするとジューシー感=フルーティーさが増します。それならいっそ深煎りに!
いやいや原種ティピカのハイロースト細挽きだからこそのジューシー感であります。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『人間に生まれたからこそ感じられる風味とは?』
2017年5月23日

『苦み』です。と言うと・・・「コーヒーの苦みって、焦げたような風味の事?」
と捉えられがちですが違います。それは煎りすぎた焦げ臭です。

私の言う苦みは、程よい心地よい、ほろ苦さの事で、
生豆に火力をかける事による、成分のカラメル化現象です。
程よい苦みのコーヒーには、甘味やコク(まったり感)もあります。

焦げ臭を感じ、後味にも苦味が残るコーヒーは煎りすぎです。さらに・・
焦げを通り過ぎた深いローストは風味が無くなります。コーヒー色したお湯のようです。

『苦み』というのは人間だけが感じることが出来る特権で、
コーヒーに限らず、野菜や果実やお酒にも感じることができます。

苦みが大人の味と言われるのは、幼少期に好む味覚は甘みと薄味だけで、
程良い苦みを判断できるようになるには、その後の食生活が密接しているためです。

軽い口当たりのコーヒーから入門し、次はまろやかなコーヒー、
最終的に良質な、ほろ苦さを体感できれば、立派なツウですよ。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part53』
2017年5月13日


『倶楽部ブレンド(フレンチロースト=深煎り)』

1週間後の香味をチェックしようと保存しておいた豆で抽出。
ロースト(焙煎)直後よりも丸みが出ています。
5日目・7日目・10日目、風味の変化が楽しめるコーヒーです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『なぜダメ?知るだけで風味が変わります』
2017年5月10日

『ペーパーに直接、湯を掛けてはイケない理由』とは?
十分に成分が溶け出す前に湯だけがすり抜けて落ちるから。
当然まともな風味が出ませんよね。

コーヒー抽出液は、湯でコーヒー成分を溶解したものです。
ペーパーに直接湯が掛かるほど端まで注すという事は、
コーヒー粉に触れる割合が少なくなり、湯だけがすり抜ける確率が高くなります。

『ペーパーに直接、湯を掛けてはイケない』
聞いたことあるけれど・・ナゼなの??お分かり頂けましたでしょうか。

「粉全部に湯を掛けたくなる」と言う方がいらっしゃいますが、 ヤメてくださいね(笑)
真ん中付近に湯をかけ続けても、中で対流してくれますので。それと・・

「ペーパーに直接湯が触れると紙の臭いがコーヒーに移る」とも、よく言いますが、厳密に言うと、
紙は臭いを吸着しやすいので「その場所の匂いを吸着して溶け出している匂い」の方が正しいですね。
ですのでペーパーの置き場所も匂いのきつい物の近くには置かない方が、よりベターです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part52』
2017年5月4日


タンザニア オルディアニ(シティロースト=中煎り)』

ロースト(焙煎)の難しいコーヒーです。3秒過ぎると苦味がでます。
このコーヒーが持つ特長は、フルーティーな香りから滑かな舌触り。嫌みのない少ない酸。
ですので微妙なロースト加減に苦労します。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『気持ちは分かりますが・・』
2017年4月18日

「コーヒーを飲むと子宮体ガン(子宮頸ガン・子宮ガン)にならない」
と、ポップが貼られている某コーヒー屋さんに少し注文をつけてみました。

東北大グループの「コーヒーに子宮体ガン抑制効果」から取ったものでしょうが、
発症リスクが、ほとんど飲まない人の4割にとどまるが事実で、「ならない」と言い切るのは×。
コーヒーのどの成分に効果があるのか解明している段階です。

確かに良い話ではありますが、コーヒーを売りたいがために、事実を湾曲するのは×。
細かいかもしれませんが店長に突っ込みを入れました。

「私もコーヒー関係者なので、気になって・・」と言い、「オーナーが・・」と口ごもり
「ポップ外しますね」と外されて厨房に去られました。(何も剥がす事ないのに・・)

オーナーに任された店長なら、お客様からの質問も想定して
オーナーの意思を問うぐらいの事はしておいてほしいですよね。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『お菓子作りと同じで』
2017年4月11日

「コーヒー豆(粉)買って帰って家で飲んだら、店で飲んだのと味が違う」
よくよく仰るセリフです。何が違うのか?淹れ方?器具??雰囲気???それも間違ってはいません。
ですが、よくよく聞いてみると・・

コーヒーを淹れるのに最初にする事。グラム数(コーヒー粉の量)の計量が適当な方が何と多いこと多いこと。
ご家庭では1杯当たり10g〜15gの粉の量を、10g〜15gの間なら良いと思われている方が多いみたいですね。

この10g〜15gというのは、10gなら口当たり軽め、15gなら重めという好みの基準になります。
その間で自分に合うグラム数を決めてくださいという事です。

お菓子作りの計量と同じで、キッチリ計る事が美味しいコーヒーを飲むための第一歩です。
目分量は避けてください。たかが5gされど5gです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part51』
2017年4月5日


『きまぐれブレンド(フルシティロースト=中深煎り)』

プレシップサンプル(船積み前、空輸で送られる生豆サンプル)が溜まっていたので適当にブレンドしてみました(笑)

カカオ濃度の高い濃いチョコレートの香りが鼻を刺激し、
舌の奥に感じる柔らかいほろ苦さが「あぁーコーヒーだ」と実感できる。
ほろ苦さを感じながらも液体に濁りがないので、スッスッと飲んでいってしまうクリア感が◎でした。

こういう時に限って◎ができました。ホントに適当に作ったブレンドなので再現できません(涙)

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part50』
2017年3月28日


『ブラジル ダテーラ農園 スウィートイエロー(シティロースト=中煎り)』

ほのかに香るチョコレートのような口当たりと、後口の濁りの無さは◎ですが、全体的にキャラクターが弱い。

毎年プロのカッパーが同じ風味を持続できるように生豆をブレンドするはずなのですが、
ロットによってバラつきがあります。難しいコーヒーです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『日に日に汚れるポット。どうすれば??』
2017年3月22日

コーヒーポットの洗浄はどうしていますか?
基本的にはコーヒー液は水溶性ですので「水洗い」でOKです。

ただどうしても長く使うと、茶渋と同じでコーヒー色素が付きますので、
茶色がかったポットが気になる方は、卵の殻とぬるま湯(水でも可)を少量入れて強く振る。
これで概ね透明感は出ます。

それでも満足できない人は、
専用鍋磨きやガラス磨きなどの磨き粉を、軟らかい布に水と付けて擦る。
ここまですれば満足できるピカピカ!になるでしょう!

『出来るだけ避けて頂きたいのは家庭用洗剤』
香料が中々取れず、コーヒーの香りに影響を及ぼす場合がありますし、
すすぎがアマいとコーヒーに油が浮いたようになる事もあります。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part49』
2017年3月14日


『コスタリカ コーラルマウンテン』(ハイロースト=中浅煎り)

みかんのような甘い香りを感じます。口当たりは非常にキレイで雑味がなく、丁寧な精製であることが伺えます。
凄く特徴的な何かを求めるコーヒーというよりは、全体の滑らかさが心地よく感じます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『ショックを受けたニュース』
2017年3月8日

前回のネタがカフェオレだからもう1つ牛乳ネタで。
というわけではないですが、自分自身少しショックを受けたニュースを1つ。

『体に良いから』という意識で飲んでいるわけではないのですが・・
82%の日本人は牛乳からカルシウムを摂取する事ができない。という報告。

京都新聞から・・・

牛乳のカルシウムは乳糖のなかに含まれていて、
乳糖が分解されないかぎりカルシウムを体内に取り込むことはできません。
ところが日本人の82%は、乳糖を分解するためのラクターゼという消化酵素を持っていないのです。

たしかに日本人も乳児期の頃は、母乳を分解するためのラクターゼを持っていますが、
3歳くらいまでの間にもう必要がないと判断してラクターゼがなくなってしまいます。

つまりラクターゼを持たない8割以上の日本人にとって牛乳はカルシウム供給源とはならないのです。
無意味であるどころか、むしろ飲めば飲むほどカルシウム不足になるおそれもあり、
骨粗しょう症の予防になるどころか、助長することになりかねないのです。

牛乳を飲むと、牛乳に含まれるタンパク質によって血液は酸性に傾こうとします。
ところが人間の体には常に一定の状態に保とうとするホメオスタシスというシステムがあるため、
酸性になるのを防ごうとします。

血液の酸性を中和するために、せっかく摂取したカルシウムが使われてしまうのです。
それで追いつかないときは骨からカルシウムを放出して、その中和にあてられることもあります。

ですので牛乳はあくまで『嗜好品』として位置付けるべきなのです。
カルシウムを補給したいなら、毎日の食事の中で小魚や野菜、海藻、種実を食べていれば大丈夫。
いわゆる『日本人の伝統食』で、カルシウムはまかなえるということですね。

以上、京都新聞から抜粋。

追伸
結局のところ牛乳は好きな人が『美味しく』飲んで、カルシウムは小魚や野菜から取ろう!ということですね。
でもなにか軽くショックですよね。神話崩壊。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『カフェオレのミルクの脂質が気になる方へ』
2017年3月3日

たまには飲みたいカフェオレですが、濃いミルクで甘めが美味しくないですか?ですが・・
「美味しいけど特濃ミルクじゃ乳脂肪が気になる」「砂糖入れたいけど糖分が気になる」

そこでお奨め!明治贅沢しぼりミルク。
「そんなに変わらんやろ?」何気なく飲んだところ、
甘みとトロみ、後口のあっさり感に思わず「いける!」

気になる乳脂肪分は3.0%(通常濃いめのミルクは4.5%以上)
脂質は200ml当たり6.4g(通常は7.8g以上)
濃いのに乳脂肪抑えめ+甘いのに自然の甘さ。
カロリーオフで脂質を抑えた美味しいカフェオレの出来上がりです!!

番外編
冷たいミルク100ccにエスプレッソのシングル(30cc)を注ぐ。
最近毎朝飲んでいます。砂糖なんか入れなくてもアーモンドの香りとミルクの甘さ、
さらに熱くない冷たくない心地よいぬるさが朝に合います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『年中行事』
2017年2月24日

左:柔らかな香りと軽めのコク。
中:香りは一番だがコクが弱い。
右:良い言い方すると飲みやすいがキャラ弱い。

3種とも同じパプアニューギニア産ですが、品種と地区が違うだけでこんなにも風味が変わる。
恐ろしくもあり面白いですねコーヒーって。

パプアに限らずですが、全てのコーヒーを取り扱うのはムリなので、
こういうカッピング(テイスティング)が必要となります。季節問わずの年中行事です。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part48』
2017年2月22日

『両方リントン地区のマンデリン』

左は滑らかな口当たりも特長薄。右は熟した果実の香り。
集積農家・品種の違いだけで、これだけの違いがでる。
コーヒーはおもしろくもあり難しい。名前に惑わされないで!

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『不器用ですがこだわります』
2017年2月17日

ブラインド(目隠し)で、スタバ・タリーズ・ドトール・マクドナルドのコーヒーを一般人に飲んでもらい
アンケートで1位は何処だったでしょう?

ご興味のある方は答えを知っていらっしゃるでしょうがマクドナルドでした。

香りはココ、コクはココ、酸味はココ、という風に評価は分かれたのですが、
『価格』を教えたところ「そんなに差はないから」と一番低価格のマクドナルドが1位になりました。

コーヒー屋として悲しいかな、これが現実です。よこやま珈琲のお客様のように
『美味しいコーヒー、自分に合うコーヒーを探す』方は全体の10%未満です。

何年前だったかな?自らも商売をされているお客様が、偶然『味』についての話になった時、
「アンタんとこ(よこやま珈琲)みたいにそんなにこだわっても客は分かってへんで。
良い立地でそれなりのもん出しといたら客は来んねん」と仰り、意見の対立!
先程の結果と同じ意見ですね。

でも・・でもです!先程お話ししたように、
確かに美味しいコーヒーに拘りがある人は10%程度かもしれませんが・・
近くのコーヒー屋さんを飛ばしてワザワザお越し下さったり、
数限りないネット通販の中から当店を選んで頂いたり、
「美味しかった!また来ます!」と言って頂いたり・・・

こんな日常に、いい加減なコーヒーや言動はワタシには出来ません。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『お客様からのご質問+答え』
2017年2月11日

「お米の新米古米のようなものがコーヒーにもあるとお話されていますが、
 味的には何か違いがあるのでしょうか?」

お答えしましょう・・

新米にあたるニュークロップは、酸味の明るさや良い意味での青さと言いますかスッキリ感があり、コクもあります。
古米にあたるパーストクロップ・カレントクロップは、酸味の明るさが薄れ、コクも弱くなります。

例外を除き、1年以内に使い終え、またニュークロップを入荷するのがベターです。
1年以内でも夏湿気で生豆が水分を含み・冬乾燥で水分が飛び、品質が変化するのですから、
1年以上経つと風味の特徴が薄れ、フラット(平坦)な風味になったり枯れたような風味になる確率が高くなります。

例外を除き、としたのは・・・
全てのコーヒーが当てはまる訳ではなく、生豆状態で数ヶ月〜半年寝かせた方が旨いコーヒーもあります。
一部のエチオピア産やケニア産なんかはその部類です。
さらに、わざと生豆状態で何年も寝かせて、エイジド・・・という名で、渋さや酸味を味わうコーヒーもあります。

コーヒーは面白いです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part47』
2017年2月4日


『エチオピア イルガチェフェ スペシャルロット(シティロースト=中煎り)』

レモンティのようなアロマ(液体の香り)と口当たりのクリーンさ(キレイさ)が
もっともっとと立て続けに口に運んでしまう。
後口に消え行くように微弱に感じる酸がまたスッキリとして心地良い加減。

ここ数年イルガチェフェ特有の花のようなオレンジのような甘美な香りが鳴りを潜めていましたが、
久々に往年のイルガを彷彿させる香りに出会い、興奮したのを覚えています。

あっという間に無くなり残念でしたが、収穫した中の一部に見つかった偶然の産物でしたので
私自身今度いつ出会えるか分かりません。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part46』
2017年1月31日


パプアニューギニア シグリ(ハイロースト=中浅煎り)』

シナモンを感じるスパイシーな香りの中に軽くプラムの香りも見え隠れする。
舌を滑るように流れていく滑らかなコクは飲み終えた後も舌に膜が張ったかのよう。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『コーヒーは役立つ。こんなところにも・・』
2017年1月10日

40歳前、若い頃からコーヒーを飲み続けている人は『壮年期の膝痛が予防できる』かも?
日本疫学会から発表されました。

60歳の女性40人を対象とした調査で、
若い頃からのコーヒー飲用者の発症率は0.48、つまり約半分であったと報告されました。
あくまで研究過程としてですが・・。

コーヒーは大昔、薬代わりであったとか、癌になりにくいとか、痩せやすいとか、
諸説ありますが確定はしていません。薬にはなっていないですから。

豆の種類は?古くてもいいの?砂糖・ミルクを入れての効果は?
まだまだ解明されていません。ただ、少しでも健康の一役を担えたら。とは思います。

まぁでも本心を言えば・・目的は『味』で飲んでもらいたいですけれど・・。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part45』
2016年12月21日


『グアテマラ ラ ホヤ農園 カトゥーラ種』(深炒り・フレンチロースト)

洋酒のような熟成感あるアロマでクリーンな口当たり。
少し粉の量を増やして(1杯あたり5gほど)アイスにしても、かなりオススメです。甘みを感じるでしょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『もぉ〜い〜くつ寝〜ると〜♪』
2016年11月26日

基本的に日本人は長期休暇の使い方・長期休暇後のケアがヘタだそうです。
休みの間、目一杯出掛け、休暇後初日から目一杯働く。
何においてもこの勤勉さが世界から見れば良いと言われている節もありますが・・。

何もしない休みも一日設け、明け初日は必要最低限の仕事のみする。

日本人的感覚からするとイライラするでしょうが、長期スパンで見れば
「心身共に良い作用が働く」という研究結果が出ています。

もう何年大型連休がないかな?11年前に負傷して2週間。16年前の新婚旅行1週間。
思い出せるくらい数少ない・・トホホ。でも自分が選んだ道ですから仕方がないと言い聞かせて。

それでも納得できない場合はユーチューブで『母に捧げるバラード』でも聴くことにします。
「働いて働いて働きぬいて、遊びたいとか休みたいとか、そんなことお前いっぺんでも思うてみろ。
そん時ゃそん時ゃ死ね!それが・・それが人間ぞ。それが男ぞ。」

死ぬにはまだ早いので働けることに感謝します。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『日本は楽園』
2016年11月12日

中南米からのコーヒー市場調査団、ホンジュラスのフランコ・カラスコさんは
「アメリカを筆頭に主要な国の工場を見学したが、日本ほど徹底して品質管理している国はありませんでした。」
と述べています。

普段何気なく飲んでいるコーヒーですが、ヨーロッパでは平気で未熟豆を選別しないで販売している所もあります。

生豆・煎り豆を冷蔵管理したり、風味の劣化を長持ちさせるパッケージの開発など、
日本人のきめ細かさが成せる業です。

抽出方法もペーパーやネルで1杯づつ濾して丁寧に提供するのは日本独特です。
最近でこそマスコミが勝手に囃し立てるコーヒーサードウェーブ(第三波)という外資系でも増えてきましたが、
まだまだ雑にうつります。

数年前までは、アメリカで日本風に1杯づつ淹れるお店をオープンしたところ、
あまりの珍しさに行列が出来たほどですから。

コーヒー好きにとって日本は楽園なのです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part44』
2016年10月28日


「ブラジル サンタカタリーナ(ハイロースト=中浅煎り)」

カップに鼻を近づけただけで苺フレーバーを感じます。
*ナチュラル特有の発酵した香り*ではなく精製の良さが伺えます。

*ナチュラル特有の発酵した香り*とは・・
コーヒー豆(種子)を覆う皮や果肉を除去せず、実のまま乾燥させてから脱穀する方法です。
成功すると果肉のフルーティな風味がコーヒー豆(種子)に移りますが、
果肉が発酵しすぎると、コーヒー豆にも発酵臭が移ってしまい不快な香りになります。

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『百聞は一飲にしかず』
2016年10月5日

「グアテマラ帰りの娘が、よこやまのラホヤ農園が一番良い! コクと後味のスッキリ感が良い!と言ってました。」
Yさんから嬉しいお言葉を頂きました。

グアテマラ滞在中の味を日本でも!と様々なコーヒー屋さんを巡ったそうですが、納得が行かず、
ネットで調べ辿り着いて一度飲んで気に入って頂けたようです。
実際にグアテマラを体験された方に気に入って頂けた事が何より嬉しいですね。

グアテマラと一口に言っても、大きく分けて8つの産地があり、品質もランクもあり、それぞれ風味は違います。
グアテマラに限らず、昔からよく知られている主要な、タンザニア(キリマンジャロ)・エチオピア(モカ)・ブラジル・
コロンビアなどなども当然、栽培地区・品種で風味が違います。

モカやキリマンは酸っぱい。ブラジルはあ〜だこ〜だ・・なんて先入観は捨てて、色々なコーヒーを飲んで下さい。
新しい発見が必ずあります。

違いの差を分かって、選んで頂ければ、ワタシのヤル気もみなぎります!

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part43』
2016年9月23日


『有機東ティモール(中浅炒り・ハイロースト)』

前回のティモールとの産地違い。
前回とは違い、青草の香りがフレッシュさを感じる。
マウスフィール(*1)のクリーン(*2)さが嫌みがなく爽やか。
若干、良い時のブルーマウンテンを感じる。

(*1)マウスフィール=口当たり
(*2)クリーン=液体に濁りがない

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『残ったコーヒー(液体・粉)を気分良く最後まで使い切る方法』
2016年9月2日

『液体の場合』
カレーやビーフシチューに入れてみて下さい。どれくらい入れるかは作る量によっても違いますが、
4人分で30〜50ccで十分です。ほんのりコクが出る隠し味的になりますヨ。

本来ならばチャツネを入れれば良いですが、わざわざ買うとなると面倒ですから。
豚を軟らかくする酢豚のパインや、角煮のビール煮orコーラ煮みたいな感じかな?

1杯分もいかないほどコーヒーが少量残った場合、一度お試しされてはいかがでしょうか?

『粉の場合』
ケーキ作りをされる方なら、カントリーケーキなどに少量入れると、苦味とプチプチとした食感が味わえますし、
お家の植木や花壇に散布すると野良猫が粗相しにくくなりますし、
袋に入れて密封し5個ほど針などで穴を開けて冷蔵庫に入れると脱臭剤の役目もしますヨ。

1杯分も淹れられないほど粉が少量残った場合、一度お試しされてはいかがでしょうか?

-----------------------------------------------------------------------------------------

■『私の毎朝の楽しみ♪〜今朝の1杯〜Part42』
2016年8月26日


『東ティモール』(中炒り・シティロースト)

生豆サンプルの状態を見た限り旬は過ぎた感があるが、風味はチョコのような甘い香りが漂い、口に含んだ瞬間の柔らかめのコクが舌を覆う。口当たりは非常に濁りなくキレイさが◎。スッと消えていく軽い酸味が後口も爽やか。精製の丁 寧さが伺える。

ページトップへ