カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

『カリタティ ファクトリー(ケニア)』(シティロースト=中煎り)200g

 唯一無二のケニアフレーバーを維持する農園
 ブラッドオレンジのような甘酸っぱい香りと口当たりの甘み


 昨今、気候変動に耐える、病害虫を防ぐ、交配が繰り返され、ケニアフレーバー(甘酸っぱ
い香りと明るい酸味、黒糖のような甘さ)と呼ばれる特徴的な風味が少なくなってきました。
実際、生産量は1987/88年の215万袋でピークを迎え、以降減少しており、近年は約70-80
万袋の生産量。決して多くはなく、コーヒー産業の輸出額は全体の5%にも及びません。

 ゆえに生産維持のための取り組みとしては不可欠なのですが、あの独特なフレーバーを
失う危険性もはらんでいます。そのなかで、唯一無二のケニアフレーバー(甘酸っぱい香りと
明るい酸味、黒糖のような甘さ)を維持するコーヒーをご紹介します。キリニャガ県ンガリア
マ、カバリの高原地帯に位置し、1960年代に設立され、現在は周辺の5つの村に暮らす
3082名の小規模生産者がコーヒーチェリーを育てています。

 年間を通して冷涼な気候と、年に2回、中程度の雨季があり水資源の豊かさがこの地域の
特徴です。井戸によって水を貯めながら、土中の排水や水捌けが行われており、粘性のあ
る赤土の火山性土壌が保持されています。明確な風味特性や透明感のある特徴を反映で
きるように、特に果肉の除去、発酵工程は品質を司る大きな要因として、その時々の状況に
応じて適切に、そして均一に行うように心がけています。

 使用する水は、近隣のタリタティ川を水源とし、タンクに貯水したものを使用しています。使
用後はリサイクルウォーターとして循環させ、最終的には土中に戻すように設計し、環境保
全に対応した運営を行っています。また、各農家へ環境や土壌保全の観点から植樹を推進
しており、バナナやトウモロコシ、グラヴィレア、マカダミアなどの木々が植えられています。

 ケニア産コーヒーは数多くありますが、ケニアフレーバーを体現できる品質は非常に少
なくなっています。
ぜひ一度だけでもお試し下さい。ご注文お待ち致しております。

『カリタティ ファクトリー(ケニア)』(シティロースト=中煎り)200g

価格:

1,797円 (税込 1,940円)

[ポイント還元 97ポイント~]
豆or粉:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

 <コーヒーマイスター&焙煎士 横山豪(ごう)のちょっと一言>
粉、液体の香り、ともにブラッドオレンジちょいトマト。飲みすすめると柑橘感が消え、甘い
口当たりに変化。舌の奥に再度柑橘系の酸味を感じますが、これがまたスッキリ。


地 区 : キリニャガ県ンガリアマ、カバリ
精 製 : ウォッシュド(水洗式)
標 高 : 1644mm
品 種 : SL34、ルイル11、バチアン
生産者 : カリタティ農協に所属する3082の小規模農家

表現が正しいかわかりませんが、華やかな香りで嫌な苦味が全くなく、美味しい豆だと思いました。(滋賀県 N氏さま 男性)

ページトップへ