カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

店長の声11/23

『今朝の1杯Part103』
2022年11月23日


名前は「サンプルローストした中から適当に混ぜてみましたブレンド」

グアテマラ『エル・カルメン』30%、コロンビア『ラ・ロマ』20%、コスタリカ『エルバポル ハニー』20%

明るい酸味を活かしつつ、余韻に甘みも残るような・・こんな感じのイメージ。

で、実際は・・

フレグランス(粉の香り)があま〰いあまい。早く飲みたい。

マウスフィール(口当たり)の柔らかいとろみのあるコクがまた心地良く

ひと口ひと口多めに口に運んでしまう。マグカップなのに早く無くなる。

最後に優しくやってくる酸味がまた、飲みやすさをあおります。

これがあるからブレンドづくりは面白いんです。

----------------------------------------------------------------------------------------

『意外ですか?そうでもないんですよ。』
2022年11月9日


「休みの日、コーヒー屋巡りしてんの?」

よく聞かれますが、意外とそうでもないんですよ。

風味の確認や市場を見るために、たまに行く程度です。

仕事全体につながるナイスなアイデアは他方から頂くことのほうが多いのです、実は。

「なにか良いアイデアないかなぁ~。」って、同じ業界見て頭こねくり回しても、

結局は先に誰かがやっていたりしますので。

----------------------------------------------------------------------------------------

『お客様からのご質問』
2022年11月3日


「この前友達何人かと偶然アメリカンの話になって、薄めるのがアメリカン?粉の量が
 少ないのがアメリカン?そもそもアメリカンって名前は何でついたんやろ?って話に
 なって、分からないまま終わってしまったんですけど、実際どうなんですか?」

お答えします。

どっちも間違いではないですよ。お湯割りですけど宜しいですか?って店もありますし
(実際、エスプレッソアメリカーノはエスプレッソのお湯割りです。) 粉の量少なくして
薄くだしてる店もありますしね。

本来はミディアム~ハイローストのコーヒーを抽出して提供するのがベターでしょうね。

元々はアメリカで大恐慌時代にコーヒーの原価が大幅に上がり何とかならんか?って
粉の量を少なくしたら案外評判が良く、アメリカン=軽い?飲みやすい?みたいなモノ
が出来上がった説が有力です。

----------------------------------------------------------------------------------------

『今朝の1杯Part103』
2022年10月12日


『ブラジル セラード山口農園ブルボン100ナチュラル』(フルシティロースト=中深煎り)

カカオ80以上のチョコを想わせる、ほろ苦さの中にある甘みを感じられる。

このほろ苦さは飲み終えるとスッ…と消えるキレイさもある。

ここ数年のリキッドアイス1リットルパックは、ダテーラ農園のパルプトナチュラル精製豆でしたが、

来年は、地区は同じセラードですが、山口農園ブルボン100%ナチュラルで勝負してみようかと画策中。

2023年4月、楽しみにお待ちくださいませ。

----------------------------------------------------------------------------------------

『お客様からのご質問』
2022年10月5日


『家でラテを飲みたいんですけど、作り方というか?  定義がよく分からないのですが・・。』

一応の定義としては、エスプレッソ1:ミルク4で割ります。エスプレッソ30cc:ミルク120cc。こんな感じで。

エスプレッソのほろ苦さを若干感じながら、メインはミルクの甘みですのでミルクを多めにした作りになります。

苦味多めがお好みなら、定義を無視して、エスプレッソ60cc:ミルク140ccでもいいかと思います。

ちなみに混同しがちなカフェオレは・・濃いめにドリップしたコーヒー1:ミルク1で割ります。

----------------------------------------------------------------------------------------

『今朝の1杯Part102』
2022年9月24日


『メキシコ オーロラ(ミディアムロースト=浅煎り)』

生豆・・枯れ。スクリーン(粒)不揃い。死豆も多数アリで期待薄。

気を取り直してロースト(焙煎)へ・・

ロースト完了!・・生豆で予想はできましたが、
ハンドピック(風味に嫌味をもたらす豆を手で取り除く工程)に時間がかかり、
無駄な労力を強いられました。

ここまででかなり意気消沈ですが、肝心なのはカップ(風味)。

んっ!?意外にも飲みやすい。
フレグランス(粉の香り)はミルクチョコのような甘さ。
アロマ(液体の香り)はスパイシーで心地いい感じ。

残念なところはアフターテイスト(後味)の渋み。
素材の悪さが出ているように感じます。

で・・モノは試し、2段階深くシティロースト(中煎り)でロースト。
さっきまでの特徴が全て消え去ってる・・。

メキシコ産にも手を広げようかと画策していましたが一時断念。

----------------------------------------------------------------------------------------

『そんなに価値のあるコーヒー?』
2022年9月15日


お客様からのご質問で・・

「あるお店でゲイシャというコーヒーが1杯3000円でした。
豆は買っていませんが、確か100g7000円だっと思います。
そんなに価値のあるコーヒーなのですか?」

お答えします。風味は・・「かなりの価値があります」

カッピング(テイスティング)で100点満点中80点以上が
スペシャルティ(特別な)コーヒーと認定されます。

近年、生産側と消費側の取り組みによって、
80~84点のコーヒーはいっぱいできるようになりました。
85~89点は1割もありません。
90点以上は0.5%もありません。
100点は・・今まで1度もありません。

価格で判断すると90点前後でしょうから、「かなりの価値があります」。

でもまぁ何点であろうと、飲む(買う)側としては、手が出しにくい価格ですよね。
ですが、これほど(通常のコーヒーとの違いが)分かりやすい風味のコーヒーは
そうそうないので、1度は口にしたほうがイイでしょうね。

価格は・・「これだけの情報では何とも言えません」

スゴい曖昧な言い方ですみません。

もし仮にオークション品ならば、入札価格がウナギ上りに上がってしまった結果。
という可能性もありますので。 このコーヒーの販売価格は、お店によって異なりますが、
100g1800円~5000円くらいです。

この幅は、オークション1位?2位?はたまたオークション品ではないか?
それで原価が違いますし、各店でどれだけ利益を取るのか?でも違いますし、
安いから良心的で、高いからボッタクリか?どちらとも言えません。

あくまで私個人の意見としては、家庭で飲むなら1杯あたり180円~500円です。
『世界が注目』するものが、この価格で口にできるなんて、コーヒーくらいですよね。
年イチくらい飲んでもいいのでは??とは思います。

----------------------------------------------------------------------------------------

『今朝の1杯Part101』
2022年9月8日


『コスタリカ エルバポル ハニー(ハイロースト=中浅煎り)』

アロマ(液体の香り)はやや柔らかめの甘酸っぱいレモンのよう。
マウスフィール(口当たり)は、ほろ苦さを含んだグレープフルーツのような酸。
それでも予想よりかは若干酸が少ない。もう少し欲しかった。
アフターテイスト(後味)はミディアムボディ(なめらかなコク)を感じ、心地よく飲み干せます。

----------------------------------------------------------------------------------------

『結構多いです。このカンチガイ・・。』
2022年8月24日


口当たりアッサリしたいから、浅煎りのコーヒーが好き。←正解○!
胃腸が弱っているので、今は浅煎りのコーヒーにしている。←不正解×!

「えっ!?何で??」

自分の感触(食感)と体内に吸収する成分は違うんですよね。

浅煎りは確かに口当たりはイイ、スッと入ってきますから。
でもでも・・刺激成分としては生豆に近い方が多いのです。

意外でしょ?

深煎りは逆に口当たりの感覚は重いでしょうが、
体内の刺激という点では、浅煎りより少ないんですよね。

それじゃ・・・

『口当たりもそこそこ飲みやすく、体にも刺激を少なくするには?』

深煎りのコーヒーを、いつもより粉の量を少なくするか、粗挽きにする。
湯は、いつもより速く多めに注し淹れ終えるか、量を多めに取る。

コレでOK!です。

追伸

季節の変わりめで体が弱っているからといって、
コーヒーを飲まないのはツラい・・。というコーヒー好きのアナタ!
体が正常に戻るまで、ひとまずコレで乗り切ってみてはいかが??

----------------------------------------------------------------------------------------

『今朝の1杯Part100』
2022年8月16日


『グァテマラ ホルヘ アントニア(フレンチロースト=深煎り)』(ニュークロップ=新穀)

温かい間、鼻腔からスッと抜けるカカオのような香ばしさが○。
冷めてくると軽い酸味を感じ、全体的に柔らかい印象です。

----------------------------------------------------------------------------------------

『ナゼ両方作らないの?というご質問』
2022年7月29日


グァテマラ フェルナンド コフィーニョのシティロースト
グァテマラ ホルヘ アントニアのフレンチロースト

「同じ国なのに味が違うんですね、オモシロい。どっちも気に入って、
次はコッチ、次はコッチって交互に楽しく飲めましたョ。」

感想を頂いて、ふと思い出しました。以前・・

「何でどの豆も浅煎り・深煎り両方作らへんの?」と、ご質問を受けた事が数回ありました。

めちゃくちゃ簡単な答えですが⇒『合う合わない』コレですね。

判断としては、深煎りに耐えられる豆かどうか?です。

生豆をチェック(繊維の硬さや色目など)し、サンプルロースト(焙煎)して、テイスティング(味見)します。

・香り・甘み・酸味が残っているか?
・ボディ(コク)が出ているか?
・キレイか?(口当たりや後口に嫌味なものを感じないか?)

細かく言うと10項目チェックがありますが、大まかにはこの当たりのチェックです。

細かすぎるので、ここでは割愛しますが、『浅煎り・中煎り・深煎り』、
どれが一番その豆本来の風味が出るかを判断しているワケです。

全てのロースト度合に合うコーヒー豆もありますが、商品アイテム数の都合上、
一番合うローストと判断したロースト度合を販売しています。

----------------------------------------------------------------------------------------

『今朝の1杯Part99』
2022年7月13日


『グァテマラ フェルナンド コフィーニョ(シティロースト=中煎り)』

新豆のわりに生豆のグリーン色が薄く感じられますが、

ロースト後はキレイな豆面で、

ハンドピック(不良豆除去)も少なめで合格点。

全体の風味に際立った特徴は感じられませんでしたが、

高品質のグァテマラ産らしい口当たりのクリーンさ(濁り無いキレイさ)と、

柔らかい酸味は十分に合格点です。

----------------------------------------------------------------------------------------

『季節の変わりめ「ダルい」なら・・朝○○○はいかが?』
2022年6月29日


この時期、一日ダルいですが、特に朝ツラくないですか?そんな時は!

朝アイス(コーヒー)!!朝カレーのパクリではないですよ。

今さらですが、コーヒーにはカフェインという成分があり、覚醒作用があります。

ホットじゃなく、なぜアイス?アイスの方がカフェイン浸透率が速いから。

シャキッ!と覚醒がアイスの方が早いんですよ♪

----------------------------------------------------------------------------------------

『必須栄養素』
2022年6月16日


朝の必須ルーティン!バナナをかじりながらアイスコーヒー😘。

コレ根拠あるんですよ!と言いながらキッチリした理由は忘れました🤣が、

『必須栄養素なのに40歳超えると日常の食事では摂取できなくなる栄養素がある。』

それを補ってくれるのが!バナナ+コーヒー。

アイスコーヒーなら、より吸収率が良いと・・。で、毎日続けています。

タンザニア オルディア二をアイスコーヒーに。

「んっ!?シティロースト(中煎り)でアイスコーヒー?軽くない??」って、思われたかな?

いやいやそれがウマいんですよ。あま~いチョコレートのような香りと甘酸っぱい飲みくち。。

これ以上言わなくても素直に美味しいですハイ。。。

25gの粗挽き粉にチョロ・・チョロ・・チョロと少しずつ湯を掛け3分で100ml抽出。

氷を入れたカップに流し込みマドラーで撹拌でございます。

----------------------------------------------------------------------------------------

『涼な癒し』
2022年6月2日



麻袋の暖簾をくぐった庭でゆっくりとよこやまのコーヒーを堪能してください。。。

なら良いんですがね(笑)

お客様が、生豆の入っていた麻袋で暖簾を作られ、長野の別荘で掛けて頂いているんですね。

こういう素敵なリユースもあるんですね!(^^)!

----------------------------------------------------------------------------------------

『私の毎朝の楽しみ♪~今朝の1杯~Part98』
2022年5月19日


『パプアニューギニア ハセン農園』(ハイロースト=中浅煎り)

生豆から伺えるのは若干鮮度が落ちぎみです。

色づかない死豆を省くハンドピックにも手間取ります。

肝心なのは風味ですが、ハイローストでこれだけ甘酸っぱさがなく、

特徴が弱いということは、深煎りでも新たな展開を期待できません。

期待していましたが扱うことはないですね。残念・・・。

----------------------------------------------------------------------------------------

『お客様からご質問「大丈夫??」』
2022年5月6日


「コーヒー豆の表面が濡れてるけど大丈夫なんですか?」

というお電話をいただきました。

『大丈夫です。深煎りになるほど豆内部の油脂が表面にでてきます。品質には何の問題もありません。
  浅煎りにもコーヒー豆本来が持つ油脂はありますが、表面に出てきていないだけですので。』

ご理解いただいていると思いますが、鮮度管理していますので古い豆をお渡しすることはありません。

ですので『古くなって脂がまわってきた』わけではありませんのでご安心ください。

これからの季節湿度が高くなってきます。ですので、水分が付着しやすくなります。

冷凍保存で、使う分量の粉だけ出し、またスグ冷凍庫へ。これは守ってくださいね。

----------------------------------------------------------------------------------------

『私の毎朝の楽しみ♪~今朝の1杯~Part97』
2022年4月30日



ブラックだけがコーヒーじゃない。。ということでカフェオレ。

でもですね、カフェオレもコーヒー次第でさらに旨くなるんですよね。

今回はヨーロピアンブレンドで2種類のカフェオレ・・

28gを粗挽きで、コーヒー150cc抽出+ホットミルク70cc。
上白糖を小さじ大盛り。少し濃いめの大人のカフェオレ。

24gを粗挽きで、コーヒー100cc抽出+ホットミルク100cc。
上白糖小さじ1。ミルクの甘さが際立ち、これも旨い。

----------------------------------------------------------------------------------------

『お客様からの素朴な疑問』
2022年4月9日


「体調不良でコーヒーを飲む量が減っています。いつまで持ちますか?腐りますか?」

答え・・・1年経っても飲めますし、腐りもしませんよ。

ただ・・酸化は免れないので、良い香味は確実に劣化します。

コレはどんなに優れた包装でも容器でもです。

豆のままで密閉して冷凍保存。という最適な保存方法でも、あくまで劣化を遅らす手段です。

最大・最長60日までに飲みきって頂くことをオススメします。

----------------------------------------------------------------------------------------

『私の毎朝の楽しみ♪~今朝の1杯~Part96』
2022年3月26日


『グァテマラ エルカルメン ティピカ(シティロースト=中煎り)』

シトラスな香り、舌を滑る触感、後口の酸味。

これらを全て優しく柔らかに感じさせてくれる。

全てが優しすぎてスペシャルティとしてはどうか?と考えてしまいがちですが、

このバランスこそがティピカたる所以。

コーヒーの先祖ともいえるこの品種を理解なくして先へは進めません。

----------------------------------------------------------------------------------------

『誰でも出来る、今だからこそ必要なこと』
2022年3月4日


笑うという行為は、エンドルフィン濃度が高くなっていきます。

コレは体の中の『心地よさを感じる』ホルモンで、モルヒネのような役割をします。

笑うことが痛みと病への抵抗力を向上させるのに役立つ。

さらに、老いのスピードも落ちる。という研究結果も。

くだらんけど笑えるTV見てますか?面白オカシイ映画、観てますか?

「最近のTVはくだらん。お笑いばっかりで。」なんて言いながら

深刻な顔で、暗い話題やニュースを、眉間にシワを寄せて・・・見ていないですか?

幼稚園児は一日300回笑うのに対し、大人は17回か、それ以下しか笑わない。

という調査結果も。

笑いは、空気や水、さらに5大栄養素と同じくらい、

人間にとっては基本的なニーズだそうです。

----------------------------------------------------------------------------------------

『さだめ』
2022年2月22日


オカルトではなくある程度の運命=さだめって決まっているような気がします。

同じ様な環境にあっても全く違う経験をすることがあり、

それは違う場面でも繰り返されます。

私もトラブルが向こうから歩いてやってくるタイプ。それは「さだめ」。

きっとそれに耐えられる人を選んでやってくるのだと。

そのトラブルもネタにすることで仕事に活きているのかなと・・。

----------------------------------------------------------------------------------------

『ぬるめがツウ』
2022年2月9日


1回試してみてください『ぬるいコーヒー』


熱いときには感じなかった風味を感じて、ウマいです。
ワタシは熱い時には飲みません。
コーヒーはぬるくなってからが風味の本領を発揮するから。


翌日飲むであろう杯数のコーヒーを淹れてから寝る。
そして翌朝(当日)は当然、そのコーヒーを飲む。


注意すべき点は『常温保存』ということ。
・保温器の上で保温はダメ
・冷蔵庫にも入れない
・飲むとき温めなおさない


守ってくださいね。勇気をもって翌日までそっと・・ね。

----------------------------------------------------------------------------------------

『私の毎朝の楽しみ♪~今朝の1杯~Part95』
2022年1月27日


左写真『パナマ エリートエステート(シティロースト=中煎り)』
右写真『パナマ ゴールデンビートル(シティロースト=中煎り)』

生豆は、(風味に悪影響を及ぼす)欠点数の少なさと
(色の)グリーンが濃く、ビートルに軍配。

さてさて肝心のカップ(風味)が重要です。

エステートの特徴は柔らかいオレンジ系のアロマ(香り)。
ビートルの特徴はレモンのような爽やかなアロマ。

両者とも全体的におとなしいですが、非常になめらかで、
アフター(後口)は濁りなくキレイな口当たりでした。

アロマの強さとマウスフィール(口当たり)のまろやか感で・・ビートルに軍配!

エステート単体でカップしたならば、これはこれでクリーンさに○をつけますが、
比べると風味の強弱の点でビートルでした。

同じ国でも地区や農園で風味が違う。コーヒーって面白くもあり、奥が深いです。

----------------------------------------------------------------------------------------

『お客様からのご質問』
2022年1月6日


「私はストレートしか買ったことがありません。よこやまさんからもストレートしか買   
ったことがないはずです。それはブレンドする意味が分からないからです。良い素
材のストレートならそのままでいいのであって、なぜわざわざ混ぜる必要があるの
かと。ブレンドというのは良い意味ですか?悪い意味ですか?」

 お答えします。

 飲めば分かる!(笑)冗談はさておき・・良い素材(ストレート)を的確に配合したブ
レンドは、さらに奥行きのある複雑な風味に出逢えるからです。

 ストレートで良いのと出逢えるといつも思います。「他の豆とブレンドしたら、もっと
違う味?複雑な味?違う発見?があるかも??」

 何種類かの豆の風味をイメージして配合に入るので、イメージ以上でない場合も
当然あります。その中でイメージ通りやそれ以上に遭遇したとき、「これはイケ
る!」あなたに紹介します。

 昔から言われているブレンドの基本(メインの豆)とは?あなたもご存知のブラジ
ルやコロンビアが大多数で、そこに特徴のある豆を少量隠し味というかアクセント
付します。そしてバランスをとります。

 ですが私の場合・・

 コスタリカやニカラグアはたまたパプアニューギニアなどなど、平気でメインにぶち
込みます。通常あまりないことです。でも既成概念にとらわれていると、いつも同じ
ような風味から抜け出せません。そこでダメならあなたに紹介しなければいいわけ
で、良いモノができたときには紹介します。

 なので・・私の作るブレンドはオモシロイので一度は試してみてください。

----------------------------------------------------------------------------------------

『私の毎朝の楽しみ♪~今朝の1杯~Part95』
2021年12月14日


『マンデリン トゥルーブルー(インドネシア リントン)』
(イタリアンロースト=極深煎り)

 生豆はブルーグリーンで欠点豆ほぼなし。新鮮さと精製の良さがうかがえる。

 さてさてマンデリンといえば深煎りに耐えてくれるか?これが弊店のお約束事。
深煎りの頂点超えであるイタリアンローストまで煎ってみる。

 豆の香りは甘く楽しみ楽しみ。ん~・・・豆の香りが液体に反映されていない。残
念。でも飲み進めてみると、まる~いボディ(コク)が口内に広がり中々の満足感。

 これならフレンチロースト(深煎りの頂点)やフルシティロースト(頂点手前)に焙煎
度合を落とせば面白い存在になりそーな気配。

 買いですね。いつかお披露目しま~す!

----------------------------------------------------------------------------------------

『時には変化も・・』
2021年11月27日


 立ち止まるのが嫌いです。気取っているわけではなく車を運転していても信号待
ちが嫌いです。強制的に自分の行動を抑制されているといえば大袈裟で、社会の
ルールとして遵守しますが歓迎はしていません。

 そこでルート変更します、あえて。

 できるだけ信号のない道を選び、仕方なく信号のある道しかない場合、目の前の
信号が赤になればルートを変更します。すると意外な発見をすることも。

 単に落ち着きがないだけかもしれませんが(笑)

----------------------------------------------------------------------------------------

『価格が高ければ美味しいか!?』
2021年11月17日


 スペシャルティグレードのコーヒーが今ほど普及する前は「価格が高いからといっ
て美味しいわけじゃない」とワタシも公言していましたが、今現在は「価格が高いと
美味しい」傾向になっています。
(オークション品やブルマン、ハワイコナなど特殊品は除く)

 フランスワインのグランクリュ(最上級の畑)と同じで、細かな地区まで特定でき、
良質な土壌で、品種・精製方法などが明確であればあるほど、高品質である度合
が強くなります。当然手間ひまをかけて美味しく出来上がるのですから、価格に反
映されてしまいます。

 逆に『生産国ブラジル』だけしか分からないとします。地区も品種も精製方法も不
明。広大なブラジルで寄せ集めただけのコーヒー。これは確かに存在しますし安価
です。ん~・・でもですね、毎回バラバラで美味いわけがありません。稀の稀の稀
に「おっ!価格のわりにはいけますね!」に出会うことがないとは言い切りません
が、奇跡的に近い稀になります。偶然の偶然の偶然。

 「今までの中で一番美味しいんちゃうかなぁ~」「前回のもう無いの?」などな
ど・・期間限定ブレンド~深煎りの真髄~の評価を頂きましたが、「値段高いし美味
しく感じたんかなぁ?」という方も・・。いやいや(苦笑)・・明確で高品質なコーヒーを
最適な焙煎度合と最適な配合率でブレンドしたからこそ美味しかったんですよ(笑)

 ただまぁ現実的に、「美味しいから飲んでほしいけど、どう考えても100g1000
円以上で売りたいよな。でもなぁ・・高くて手が出にくいかな?」てな事をワタシが
感じた時は、利益を少し削ってでも比較的買いやすい価格にしている場合もありま
す。まぁでも大方は高い価格は美味しい方向で間違いはないです。

----------------------------------------------------------------------------------------

『私の毎朝の楽しみ♪~今朝の1杯~Part94』
2021年11月10日


『マンデリン ミトラ(インドネシア)』(イタリアンロースト=極深煎り)

 優良産地リントン・パランギナン地区。ということで期待大。ワクワクします。粒が
少し小さめという報告ですが風味が良ければ問題ナシ。

 サンプル到着!いざ拝見!!生豆見て愕然・・・。精製が最悪。樹から落ちた豆
も収穫したと思われる黒豆や虫食い豆だらけ。

 ロースト後、粉の香りと液体の温かいうちの香りは意外とフルーティ。でもやっぱ
り予想通り、冷めると虫食い独特の渋みが現れました。中煎りまでなら香りで飲め
るかもしれないですが、深煎りで勝負したいみとしてはとても扱えない代物。

 期待していただけにショックも結構なもの・・。(今販売しているマンデリンも美味
いですが、もっと美味い)マンデリン探しの旅は続きます。

----------------------------------------------------------------------------------------

『輝く近未来』
2021年10月30日


 町探検という社会見学で可愛い(小2の)チビッ子3人が店を訪れてくれました。
コーヒーという未知の分野にも質問攻めで果敢に挑戦してくれて、楽しい1時間を
過ごせました。後日「おれいの気もち」という絵手紙までいただきました。チビッ子
達の憧れの職業になるよう、またフツフツと闘志がわいてきました!

 『ゴーさんへ、町たんけんのときはありがとうございました。よこやまコーヒーをテ
ーマにげきをしました。とてもたのしかったです。いろいろおしえてくれてありがとう
ございました。ゴーさんがおしえてくれたことはいまもわすれられないほどうれしか
ったです。これからもがんばってください。これからもたくさんのひとをえがおにして
ください。ほんとうにありがとうございました。』

----------------------------------------------------------------------------------------

『嘆くより利用する』
2021年10月22日


 成功する人の条件を挙げるのは難しいのですが、一つだけ共通するのが「環境」
を利用しているということ。不幸な生い立ちはそれをバネにし、恵まれた愛情を成
長の糧としたりしています。貧乏で成功する人もいれば根性がねじ曲がる人もいま
す。親の財産を食いつぶす馬鹿ボンもいれば、中興の祖となる世襲もあります。

 私が焙煎士をやれているのも環境からの贈り物。ありがたいことです。

----------------------------------------------------------------------------------------

『やるなら今。コーヒーで引き締める』
2021年10月9日


 ストレッチ開始10分前くらいにコーヒーを飲む。何も飲まないより酸素摂取量が
増加。ということは?より脂肪が燃えてくれるということですね♪何事もラクに効果
的に。です。。。コーヒーも飲めて比較的ラクな運動(ストレッチですが20分くらいか
けてゆっくり体をほぐしましょう)。これで体が引き締まりゃホントお得。やるなら今。
コーヒーが美味くなってくる涼しいこの時期から。。。

----------------------------------------------------------------------------------------

『先入観は人生の損』
2021年10月1日


 イカ墨のパスタ。『臭くて塩辛い』コレが印象。でもコレは食わず嫌いではないん
です、2回ともでしたから。「イカ墨のパスタは2度と食わん」と決めていました。
が、しかし・・・

 お気に入りのイタリア食堂(オーナーCMギライで店名伏せます)でメニューにイカ
墨のパスタが登場してるじゃないですか!悩みましたがお気に入りのお店です、
信用して三度目の正直か!?

 オーケー♪オーケー♪こんなに美味しいなんて!!

 ホッケ。は旨くないと決めこみ、「まぁまぁそう言わんといつも直送してるの今度食
べさせたるわ。」と、半ば強引に食べさせられ「なんちゅう旨さ!ホッケさん今まで
ごめんなさい。」と謝罪。

 ということで・・(どういうことか分かりませんが)コーヒーも「先入観はダメです。ま
ずは飲んでみてから。」いつも同じ銘柄のコーヒーもイイですが、色んなコーヒーに
挑戦してみませんか?

----------------------------------------------------------------------------------------

『番外編~ワタシのひとりごと』
2021年9月25日


 継続は力なりという言葉が大嫌いでした。結果はすぐに欲しい即物主義者で、続
けた結果の未来なんて分からない。間違っていたら時間のムダ。と。

 しかしこれはこの言葉を何事も永く続けろと言うお説教の文脈で聞いていたこと
による誤解でした。続けること、それ自体が「力」だと最近知りました。そしてその
力が引力となることを。

 コーヒー豆の卸売依頼、他紙の連載、出版依頼、お客様からの推薦。すべては
「美味しいコーヒーを出したい』ただただこの一点のため、少ない脳ミソをフル回転
させ、生豆の選定からロースト(焙煎)の試行錯誤を延々と何十年もコツコツ続ける
ことで引き寄せられた幸運です。

 語っていますが・・SNSや時代のスピード化についていけていない。アナログをコ
ツコツしか出来ない人間。コレが本当のところです。

ページトップへ