よこやま珈琲

自慢のコーヒーは焙煎した日のコーヒー豆のみ販売!
だから超新鮮!

よこやま珈琲は、京都・宇治の地で1986年11月27日に創業して以来、
を迎えました。
コーヒー豆販売はもちろんのこと、店内で喫茶を楽しんで頂くことも出来ます。

美味しいコーヒーの命は素材と新鮮さ。
どんな技術を持っていても、素材以上の風味は出ない。
ここはしつこく吟味します。

新鮮さは、焙煎してから何日経過しているか?で決まります。
よこやま珈琲は、あなたが必要な時にあなたの必要な分しか焙煎しません。
お店へのアクセス

インターネットサイト コーヒーボックス 様で「京都府ランキング1位」になりました!
(スマートフォンからご覧頂くことでスマートフォン向けサイトが表示されます)

コーヒーマイスターが伝える旬‘18第10弾『コーヒーの日記念ブレンド』(フレンチロースト=深炒り) コーヒー豆 熟成感じる芳醇な香りと後口に感じる円い舌触り

10/1コーヒーの日を記念したブレンド。
この冠にふさわしいのはどのコーヒーか?
やはりコーヒーの祖先でもあるエチオピアが浮かびました。
幸いにも高品質のナチュラル(非水洗式)が確保できましたので、
毎年は柔らかい風味のブレンドを販売してきましたが、
2018年版は深みを追求しました。

 記念特別コーヒーですので10/28(日)までの販売となります。
お早めに試されてみてはいかがでしょうか。

エチオピア イルガチェフェ グレード1(シティロースト=中炒り) コーヒー豆 高級ロットのみを購入しさらに選別してG1レベルに仕上げたコーヒー
この独特のフルーティーなアロマは他のコーヒーとは一線を画します


フルーティな華やかさととフローラルな余韻が特徴的で、
ストレートで楽しむのは勿論の事、高品質なブレンドを作るのにも欠かせない、
重要な存在価値をみせる、なくてはならないエチオピア イルガチェフェ産のコーヒー。

このコーヒーは、当店ではタンザニア「オルディアニ」や
パプアニューギニア「シグリ」と並んで固定ファンのあるコーヒーで、
イルガチェフェしか飲まないという方もいらっしゃいます。
飲んだことがないという方にも一度は試していただきたい秀逸なコーヒーです。
グアテマラ ホルヘアントニア (シティロースト=中煎り) コーヒー豆 最高レベルの農地・精選工場管理を誇るトップ農園
チェリーのような優しいアロマで柔らかい澄んだ口当たり


 農園を一言で言えば、世界最良のコーヒー生産地のうちの
一つとして名高いアンティグア地区で、最高レベルの
農地・精選工場管理を誇るトップ農園と表現できます。

この農園のコーヒーはチェリーのような優しい
アロマで柔らかい澄んだ口当たりが特徴的。
後味に感じるワイニーさがより芳醇な味わいを
感じることができます。
倶楽部ブレンド(フレンチロースト=深炒り) コーヒー豆 当店で1~2位を争う人気豆!
抜群の香りのバランスに心地よいほろ苦さ


よこやま珈琲創業(1986年11月27日)以来約30年に渡り、ダントツ人気ナンバー1のロングセラーブレンド。
配合した4種の香りが調和した、複雑でチョコのような香りのバランスが抜群。
フレンチローストながら煙臭さや焦げ臭さとは無縁の柔らかい苦みがあります。
ですが、後口の余韻は非常に滑らかで上品で、深炒りの旨みが味わえるコーヒーといえます。

高品質な深炒りブレンドには欠かせないリントン ニフタのコクを軸にそえていますが、
年間通して同じ素材(コーヒー生豆)で配合することがないと言い切れるほど微調整を繰り返し、
どの素材であっても倶楽部ブレンドの風味を保ち続けるため、毎日テストテストテストを繰り返し、
集中力を研ぎ澄ませています。

このブレンドがよこやま珈琲の始まりです!まずはこの倶楽部ブレンドから飲み始めてください。

週刊あさすぽで紹介されました!