よこやま珈琲

自慢のコーヒーは焙煎した日のコーヒー豆のみ販売!
だから超新鮮!

よこやま珈琲は、京都・宇治の地で1986年11月27日に創業して以来、
を迎えました。
コーヒー豆販売はもちろんのこと、店内で喫茶を楽しんで頂くことも出来ます。

美味しいコーヒーの命は素材と新鮮さ。
どんな技術を持っていても、素材以上の風味は出ない。
ここはしつこく吟味します。

新鮮さは、焙煎してから何日経過しているか?で決まります。
よこやま珈琲は、あなたが必要な時にあなたの必要な分しか焙煎しません。
お店へのアクセス

インターネットサイト コーヒーボックス 様で「京都府ランキング1位」になりました!
(スマートフォンからご覧頂くことでスマートフォン向けサイトが表示されます)

『リアキニア』 ケニア キアンブ (シティロースト=中煎り)200g コーヒー豆  肥沃な赤土が生み出す芳醇さ
カシスやフレッシュトマトを想わせる香り 冷めるにつれ黒糖のような香味も


 ナイロビから北へ200km、車で約3時間のところにあるケニア山(5199m)。こ
のケニア山南部に広がる肥沃な大地、キアンブ地区にある650~700件にも
及ぶ小作農家の人々により、ゆっくりと丁寧に栽培されております。この土地の
土壌は美しく深い赤色をしており、肥沃な赤土として有名です。大地の恵みを
いっぱいにその実に詰め込んでいます。

 自然の恵みの中、真っ赤に育った完熟豆を手摘みにて収穫。収穫後直ちに
近代的な水洗工場にて精製。その後アフリカンベットで天日乾燥されます。

 シトラス・パッションフルーツ・フレッシュトマト・カシス・スパイシーなど、複雑な
形容詞が当てはまる香りに、少し冷めてくると黒糖の感じも現れます。嫌味のな
いキレイな酸味が高品質の証です。
マドンナブレンド(シティロースト・中煎り)200g コーヒー豆 フルーティな香りを感じ
スパイシーで柔らかなコクも


フルーティかつシトラスな香りがスッキリ軽い口当たりを想像させますが、
口に含むと黒糖やスパイシーな柔らかなコクも感じられるブレンドに
仕上がっています。軽くて飲みやすいだけのコーヒーとは異なり、
三段構えでやってくる風味は、複雑に楽しんで頂けるでしょう。

甘酸っぱい香り・柔らかなコク・ほのかに感じるスパイシーさ、
複雑に絡み合った風味を楽しめます。
イタリアンブレンド(フルシティロースト=中深煎り) コーヒー豆 蜜のような甘いなかにもコクある香りとスムースでシルキーな舌触り

 熟した果実の香りが程よいコクと相まって
 味わい深い風味が魅力的なブレンドです。
 定番ブレンドから一歩踏み込んだ新しい風味のブレンドで、
 熟した果実とカカオのようなコクを感じて頂けます。
 熱いときから冷める頃まで風味が変化していく味わいは見事です。
 エスプレッソにしても、まったり感と爽やかな後口に
 ご満足して頂けることでしょう。
倶楽部ブレンド(フレンチロースト=深炒り) コーヒー豆 当店で1~2位を争う人気豆!
抜群の香りのバランスに心地よいほろ苦さ


よこやま珈琲創業(1986年11月27日)以来約30年に渡り、ダントツ人気ナンバー1のロングセラーブレンド。
配合した4種の香りが調和した、複雑でチョコのような香りのバランスが抜群。
フレンチローストながら煙臭さや焦げ臭さとは無縁の柔らかい苦みがあります。
ですが、後口の余韻は非常に滑らかで上品で、深炒りの旨みが味わえるコーヒーといえます。

高品質な深炒りブレンドには欠かせないリントン ニフタのコクを軸にそえていますが、
年間通して同じ素材(コーヒー生豆)で配合することがないと言い切れるほど微調整を繰り返し、
どの素材であっても倶楽部ブレンドの風味を保ち続けるため、毎日テストテストテストを繰り返し、
集中力を研ぎ澄ませています。

このブレンドがよこやま珈琲の始まりです!まずはこの倶楽部ブレンドから飲み始めてください。
よこやまブレンド(シティロースト=中炒り) コーヒー豆 コクのある甘い香りからスムーズな後口


1986年オープンから存在する よこやま珈琲の切っても切れないブレンド。

個性に重きを置いた風味というより 甘い香りと雑味のないスムーズな後口で
喉越しがよく何杯も飲めるブレンドです。

かと言って飲みやすいだけの印象に残らないブレンドだと思わないでください。
香りを嗅いで口に含み後口の余韻までのほんの数秒のなかに
チョコレート・黒糖・ピーチ・ネーブルオレンジような甘い酸といった
柔らかく繊細な中でも複雑な風味を感じることが出来ます。

週刊あさすぽで紹介されました!